弁護士コラム

マネジメントチームにはどのような人材が必要か

経営戦略
執筆者
弁護士 宮崎晃

弁護士法人デイライト法律事務所 代表弁護士

所属 / 福岡県弁護士会・九州北部税理士会

保有資格 / 弁護士・MBA・税理士・エンジェル投資家

ビジネスマンのイメージ画像企業の経営資源は、ヒト、モノ、カネと言われます。
どれも、経営を行う上で、不可欠の資源ですが、モノ、カネは経営のツールであり、それを使いこなすヒトは競争力の源泉といえます。

ヒトのなかでも、組織を動かす原動力となるのはマネジメントチームです。
マネジメントチームがしっかりとしていれば、人事システムの構築が多少遅れても経営が滞ることはありません。

そこで、ここでは、弁護士がマネジメントチームに必要な機能について、ご紹介します。

マネジメントチームに不可欠な機能

新事業組織が一定の規模になると、マネジメントチームには、5つの機能を果たす人材が必要となります。

名称 求められる人材
最高経営責任者

CEO:Chief Executive Officer

ビジョンを持ち、顧客の立場から見た提供価値を提唱し続ける人材
最高執行責任者

COO:Chief Operating Officer

組織を動かし、足りない資源を外部から調達できる人材
最高財務責任者

CFO:Chief Financial Officer

組織の番頭として資金繰りやオペレーションを監督できる人材
最高マーケティング責任者

CMO:Chief Marketing Officer

常にマーケットを見て顧客の反応を考える人材
最高技術責任者

CTO:Chief Technology Officer

常に技術情報を監視し、適宜新しいものを吸収する人材

 

ビジネスマンのイメージ写真上記のとおり、組織には、5つの機能を任せられる人材が必要ですが、これはあくまで「機能」であり、必ず5人が必要というわけではありません。
業種や企業規模にもよりますが、経営者1人がいくつもの機能を果たしている場合は多いです。

また、必ずしも5つの機能に限定されるわけではなく、業種によっては、最高IT責任者(CIO)、最高ラーニング責任者(CLO)が加わることもあります。

マネジメントチームの要件

マネジメントチームに必要な要件は以下のとおりです。

要件 内容
スキルセット 上記の5つの機能をマネジメントチームが備えていないとマネジメントシステムに問題が生じます。

例えば、成長ステージに見合ったCOOやCFOが不在の場合、組織が機能不全に陥ります。

 

共通のベクトル 企業理念やビジョンといった方向性が合っていることが最低限必要です。

また、戦略についての理解も同じでなければ、マネジメントシステムに問題が生じる場合があります。

ベクトルを共通にするためには、メンバーのコミュニケーションが何よりも重要です。例えば、日頃からのランチ・ミーティング、経営合宿、定期的なMBOなどにより、意識のすり合わせを行うなどがあげられます。

相互補完の関係 マネジメントチーム各人の基本的な役割が明確であり、かつ、相互に信頼関係を持つことが需要です。

また、業務に関しての相互補完関係だけではなく、性格的にも相互に補完し、かつ、融合していることが望ましいとされます。

例えば、1人は夢想家、1人は実務家、1人は批評家(ただし建設的)などです。

ガバナンス コーポレート・ガバナンスを徹底することで、監視役がマネジメントチームを正しい方向に導いてくれます。

そのために、社外取締役の導入が効果的です。

近年、コーポレート・ガバナンスの重要性が指摘されており、企業法務に長けた弁護士を社外取締役として選任する例が多く見られています。

 

 

顧問弁護士の活用

ビジネスのイメージ画像通常、弁護士は法的な助言しかできません。
デイライト法律事務所の企業法務チームは、顧問先企業のビジネスを理解し、サポートするために、経営大学院において経営学を学んでおり、法的なサポートのみならず、経営に関するサポートも可能です。

また、コーポレート・ガバナンスについては、社外取締役に就任するなどのサポートも可能です。

経営、法的問題については、お気軽に当事務所までご相談ください。
ご相談はこちら「無料相談の流れ」からどうぞ。

当事務所は、ベンチャー、中小企業から大企業まで、成長段階に応じた顧問サービスを提供しております。スタートアップの法律問題のサポートはもちろん、マーケティング、経営戦略、人事システムの構築等のコンサルティングに関する相談も可能です。詳しくはこちら(成長段階に応じたサポート「スタートアップ・創業支援」)をご覧ください。

   
執筆者
弁護士 宮崎晃

弁護士法人デイライト法律事務所 代表弁護士

所属/福岡県弁護士会・九州北部税理士会

保有資格/弁護士・税理士・MBA

専門領域/法人分野:労務問題、ベンチャー法務、海外進出 個人分野:離婚事件

実績紹介/福岡県屈指の弁護士数を誇るデイライト法律事務所の代表弁護士。労働問題を中心に、多くの企業の顧問弁護士としてビジネスのサポートを行なっている。『働き方改革実現の労務管理』「Q&Aユニオン・合同労組への法的対応の実務」など執筆多数。


カテゴリ「経営戦略」の弁護士コラム

  • 競合 弁護士 西村裕一 経営戦略 
    一度成功した企業が衰退していくという話は意外に多く耳にします。当事務所では小売業の企業の皆様をサポートする弁護士としては、単純に売上高だけを見るのではなく、既存店舗の売上高成長率といった指標も踏まえて...[記事全文]
  • IT企業 弁護士 西村裕一 経営戦略 
    小売業界で起こりうる法律問題として、人事をはじめとする労務問題、サービスに関する景品表示の問題などが生じます。 また契約交渉や会社の組織構造もしっかりと検討する必要があります。こうした問題について、...[記事全文]
  • ビジネスマン 弁護士 宮崎晃 経営戦略 
    企業の経営資源は、ヒト、モノ、カネと言われます。 どれも、経営を行う上で、不可欠の資源ですが、モノ、カネは経営のツールであり、それを使いこなすヒトは競争力の源泉といえます。弁護士がマネジメントチームに...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃 経営戦略 
    近年、企業戦略において、M&Aやアライアンスの持つ重要性が高まっています。特に、他国への進出、多角化の局面において多用される傾向にあります。M&Aとはとは、合併や企業買収。合併とは、復数の企業が法的に...[記事全文]
  • グローバル 弁護士 宮崎晃 経営戦略 
    企業が新規事業や海外進出などの多角化を計る上で、「市場の魅力度」と「優位性構築の可能性」は、押さえてくべき重要な判断要素です。ここでは、「優位性構築の可能性」の具体的な分析方法について、ご紹介します。...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃 経営戦略 
    将来、日本市場は縮小していくことが予想されます。要因として大きいのは、人口の減少で、日本市場の行末を考えると、優良成長企業が市場を海外に求めグローバル化していくことは、選択肢の一つして、検討すべきでし...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃 経営戦略 
    企業が新規事業や海外進出などの多角化を計る上で、「市場の魅力度」と「優位性構築の可能性」は、押さえておくべき重要な判断要素です。具体的な分析方法について、ご紹介します。市場の魅力度とは、簡単にいえば、...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃 経営戦略 
    経営戦略を策定するためには、外部分析による市場機会と脅威の発見と、内部分析による自社の強みと弱みの発見が重要です。ここでは、内部分析のためのフレームワークについて解説します。なお、外部分析についてはこ...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃 経営戦略 
    経営戦略を策定するためには、外部分析による市場機会と脅威の発見と、内部分析による自社の強みと弱みの発見が重要です。ここでは、具体的な外部分析のためのフレームワークについて解説します。外部分析はいくつか...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃 経営戦略 
    戦略とは、“事業の目的を達成するために、持続的な競争優位性を確立すべく構造化された施策の集合”である。これは、戦略の意義を教科書的に説明したものです。他方、戦略について、戦略とは“捨てること”戦略とは...[記事全文]
企業の相談は初回無料

無料相談の流れ

オンライン相談