弁護士コラム



  • 弁護士 宮崎晃  組織論 
    高い顧客満足度を実現するには、従業員の満足度を高めることが重要。サービス業は、従業員を満足させることで、さらに魅力的なサービスに努め、顧客満足度の向上につながります。どのようにすれば満足度を高めること...[記事全文]
  • サービス業 弁護士 宮崎晃  その他 
    先進国ではサービス産業の比重が高く、日本の経済成長もサービス産業が支えていると言っても過言ではありません。サービス業にとって、顧客の満足度をあげることは死活問題といえます。これからの弁護士は、「真の顧...[記事全文]
  • スマホでLINE 弁護士 宮崎晃  マーケティング 
    フェイスブック、ツイッター、LINEなどの各種SNSは、今や企業にとって重要な広告媒体となっています。企業にとって、SNS等を利用したソーシャルメディア戦略は今後さらに重要度を増していくでしょう。 ...[記事全文]
  • 内容証明簡易書留 弁護士 竹下龍之介  その他 
    内容証明郵便を受け取った場合、会社がまずやるべきことは、事実関係の確認で、聴取することが必要です。内容証明郵便が届いたからと言って、おそれる必要はありません。慌てず、適切な対応をすれば良いです。顧問弁...[記事全文]
  • IT企業のイメージ画像 弁護士 西村裕一  その他 
    株式会社にとって、株式は非常に重要です。株主は配当という最終的な目的を達成するために、取締役の選解任や合併の是非など、自己の意思を会社に反映させることができ、企業にとって最も重視すべきステークホルダー...[記事全文]
  • 有価証券報告書とボイスレコーダー 弁護士 西村裕一  組織論 
    取締役会は、会社の重要な意思決定機関であり、代表取締役の監督機関でもあります。取締役会を構成する各取締役の選解任について、十分な検討が求められます。会社のガバナンス統制にご不明な点があれば、企業法務に...[記事全文]
  • 社長室 弁護士 西村裕一  組織論 
    取締役は、株式会社の業務執行権を掌握する非常に重要な機関です。したがって、どのような人を取締役に就任させるか、あるいは解任するかは会社の運営を左右することになります。会社の構成についてお困りの方は、専...[記事全文]
  • 順位のイメージ画像 弁護士 宮崎晃  経営戦略 
    ベンチャー企業は、優れた技術やアイデアを保有し、社会に対して新しい価値を提供しようとしている企業です。しかし、いくら優れた技術やアイデアを保有していたとしても、むやみに突き進めば、失敗は免れません。事...[記事全文]
  • 事業承継のイメージ画像 弁護士 入野田智也  組織論 
    信託はその信託を設定したときから死後に至るまで、委託者の望む期間、望むような財産の管理運用をしてもらうことのできる制度ですので、事業承継に当たっても有用だと言えるのです。企業の事業承継に詳しい弁護士が...[記事全文]
  • IT企業のイメージ画像 弁護士 宮崎晃  組織論 
    企業活動におけるオペレーションとは、「業務連鎖」のことです。企業活動は、調達、生産、営業などさまざまな機能がありますが、ほとんどの業務は一つの機能で完結できるものではありません。弁護士がオペレーション...[記事全文]
  • ビジネスマンのイメージ写真 弁護士 宮崎晃  経営戦略 
    企業の経営資源は、ヒト、モノ、カネと言われます。 どれも、経営を行う上で、不可欠の資源ですが、モノ、カネは経営のツールであり、それを使いこなすヒトは競争力の源泉といえます。弁護士がマネジメントチームに...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  ファイナンス 
    企業の経営資源は、ヒト、モノ、カネと言われます。 どれも、経営を行う上で、不可欠の資源ですが、ベンチャー企業にとって、カネは最大の難所となることが多くあります。ベンチャー企業の資金調達について、経営に...[記事全文]
  • 株式チャート 弁護士 宮崎晃  ファイナンス 
    DCF法において、フリー・キャッシュフローを現在価値に割引く割引率は、加重平均資本コスト(WACC))を使用します。上記の式のパラメータにおいて、最も算出するのが難しいのが株主資本コストです。この算出...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  ファイナンス 
    M&Aなどでは、企業の価値を適切に算定する必要があります。企業価値を定量的に算定する方法としては、DCF法が代表的ですが、将来のフリー・キャッシュ・フローやWACCなど、複雑な予測が必要です。マルチプ...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  ファイナンス 
    M&Aなどでは、企業の価値を適切に算定する必要があります。企業価値を定量的に算定する方法としては、1つの決定的な正解があるわけではなく、さまざまな手法があります。ここでは、代表的な3つの手法について、...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  マーケティング 
    マーケティングでは、よく「強いブランド構築が大切だ。」と耳にします。フィリップ・コトラーは、ブランドを次のように定義。個別の売り手もしくは売り手集団の商品やサービスを識別させ、競合他社の商品やサービス...[記事全文]
  • ビジネスのイメージ画像 弁護士 宮崎晃  マーケティング 
    企業が持続的に成長していくためには、売上げを確保し、利益を出し続けなければならなりません。では、その売上げは、どこからもたらされるでしょうか。答えは、「顧客」です。企業が製品やサービスに自信を持ってい...[記事全文]
  • 広告のイメージ画像 弁護士 宮崎晃  マーケティング 
    BtoBとは、企業間取引のことです。例えば、製造業者と卸売間、また卸売と小売間など、企業間の商取引があげられます。マーケティングと一口に言っても、ターゲットが法人か個人かで、効果的な活動内容が変わって...[記事全文]
  • サービス業のイメージ画像 弁護士 宮崎晃  マーケティング 
    顧客はいきなり自社製品を買ってくれることはありません。通常、認知、理解、愛好、選好、確信、購買、のプロセスをとおり、顧客が現在どの段階かを知り、どのような方法で購買に近づけていくかが重要です。顧客の態...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  マーケティング 
    企業が製品を効率的に届けるために、欠かせないのは流通チャネルです。流通チャネルは、直販の場合を除き、基本的に外部資源を利用しなければなりません。流通チャネルの構築は、時間と費用を要しますが、優良なチャ...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  マーケティング 
    価格戦略は、企業の利益を左右する重要な意思決定事項です。マーケティング・ミックスの4Pのうち、ただちに利益を左右する「唯一のP」となります。また、最もダイレクトに顧客に訴えることができるメッセージ手段...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  マーケティング 
    顧客のKBF(購買決定要因)は、製品の性質によって異なります。そのため、製品の特徴によって、カテゴリーに分けて把握しておくと、効果的なマーケティング戦略の早道となります。よく使われる製品分類は、物理特...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  マーケティング 
    どんなに優れた製品やサービスであっても、顧客がその価値を認めなかったり、正しく理解してもらえなければ、購買にはいたりません。そのため、自社製品・サービスの魅力や競合他社との違いを明確にする活動が重要と...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  マーケティング 
    セグメンテーションで、顧客プロファイルを明確にした上で、自社が狙うターゲットを絞ります。ターゲットは、自社にとって、最も魅力的なセグメントを選ぶべきですが、その際、「6R」、自社の経営資源、環境要因に...[記事全文]
  • 小売業のイメージ画像 弁護士 宮崎晃  マーケティング 
    すべての消費者が製品を買ってくれる、これは現実離れしています。人々のニーズは多様で、どんなに良い製品やサービスであっても、全消費者をターゲットにしていては、経営資源は早晩枯渇してしまいます。そこで、マ...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  ビジネス・スキル 
    プレゼンにはそのゴール(目的)があり、優先すべきは「聴き手をゴールに導くためのストーリーラインを考える」ことです。素晴らしいストーリーラインや華麗なスライドを準備しても、相手に届かなければ、プレゼンの...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  経営戦略 
    近年、企業戦略において、M&Aやアライアンスの持つ重要性が高まっています。特に、他国への進出、多角化の局面において多用される傾向にあります。M&Aとはとは、合併や企業買収。合併とは、復数の企業が法的に...[記事全文]
  • ITのイメージ画像 弁護士 宮崎晃  経営戦略 
    企業が新規事業や海外進出などの多角化を計る上で、「市場の魅力度」と「優位性構築の可能性」は、押さえてくべき重要な判断要素です。ここでは、「優位性構築の可能性」の具体的な分析方法について、ご紹介します。...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  経営戦略 
    将来、日本市場は縮小していくことが予想されます。要因として大きいのは、人口の減少で、日本市場の行末を考えると、優良成長企業が市場を海外に求めグローバル化していくことは、選択肢の一つして、検討すべきでし...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  経営戦略 
    企業が新規事業や海外進出などの多角化を計る上で、「市場の魅力度」と「優位性構築の可能性」は、押さえておくべき重要な判断要素です。具体的な分析方法について、ご紹介します。市場の魅力度とは、簡単にいえば、...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  組織論 
    いかに優位性を持つ企業でも、時間の経過とともに、外部環境が変化し、競合企業によって優位性を脅かされる危機的状況に立ちます。大企業、中小企業を問わず、一度の成功で、永遠に安住し続けられることはなく、常に...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  経営戦略 
    経営戦略を策定するためには、外部分析による市場機会と脅威の発見と、内部分析による自社の強みと弱みの発見が重要です。ここでは、内部分析のためのフレームワークについて解説します。なお、外部分析についてはこ...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  経営戦略 
    経営戦略を策定するためには、外部分析による市場機会と脅威の発見と、内部分析による自社の強みと弱みの発見が重要です。ここでは、具体的な外部分析のためのフレームワークについて解説します。外部分析はいくつか...[記事全文]
  • ビジネスマンのイメージ写真 弁護士 宮崎晃  ビジネス・スキル 
    営業先のお客様、会社の上司、セミナーの聴衆、採用面接など、ビジネス・パーソンが相手を説得しなければならない機会は、数多くあります。相手を説得するためには、プレゼンの能力があるととても有益です。ビジネス...[記事全文]
  • 業績アップのイメージ画像 弁護士 宮崎晃  組織論 
    組織において、成果をあげるためには、どうすればよいか。組織は、一定の目的をもって組織されており、そのために成果をあげていかなければなりません。成果は、戦略を正しく実行することによって生み出されます。...[記事全文]
  • 会社 弁護士 宮崎晃  経営戦略 
    戦略とは、“事業の目的を達成するために、持続的な競争優位性を確立すべく構造化された施策の集合”である。これは、戦略の意義を教科書的に説明したものです。他方、戦略について、戦略とは“捨てること”戦略とは...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  ビジネス・スキル 
    大切なことは、自分自身が価値を奪い合うというスタンスではいけないということです。事案にもよりますが、基本的に、交渉は「相手方との共同作業により価値を創造する過程である」ことを肝に銘じ、交渉に臨むべきで...[記事全文]
  • 会社 弁護士 宮崎晃  ビジネス・スキル 
    価値創造型交渉を目指すとしても、実際にうまくいかないのは何故か?相手方の情報不足、相手方の警戒心と偏見、感情的な対立、交渉の場面における情報の過度の秘匿。もっとも重要なことは、相手方の情報をもっている...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  ビジネス・スキル 
    MBAでは、一部のスクールにおいて、ファシリテーションやネゴシエーションを学習します。そこではビジネススキルとしての交渉についての専門知識も学習します。交渉のプロである弁護士がMBAで学んだ専門知識を...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  ファイナンス 
    DCF法で企業価値を算定する非上場会社等の場合、株式の時価がマーケットで公開されていません。そこで、企業価値を算定するのはやや複雑となります。ここでは、オーソドックスな手法、DCF法で算定する方法をご...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  ファイナンス 
    資本コストは、債権者へのコストと株主へのコストを加重平均することで計算できます。WACCは、株主資本コストと負債コストをそれぞれの時価で加重平均するということです。企業この値を上回る利益を上げてはじめ...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  ファイナンス 
    買収のような場面では結局いくら支払うこととなるかを把握することが重要です。支払うこととなるトータルの金額を把握するためにネット・デットをプラスします。企業価値の算定は、上場企業の場合、マーケットが価格...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  アカウンティング 
    ビジネスを成功させるためには,現状を把握し,課題を発見し,戦略を策定することが必要です。その分析方法の一つが予測財務諸表の作成です。これは,過去の財務諸表をもとに,来期財務諸表を作成する手法です。今回...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  ファイナンス 
    企業は投資なくしては、企業価値を高めることはできません。投資の判断は、経営において最重要といえます。企業が投資の意思決定を行なう際の判断手法としては、正味現在価値(NPV)法と、内部収益率(IRR)を...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  ファイナンス 
    事業の価値も、DCF法を使って、その事業が将来生み出すキャッシュフローの現在価値として計算できます。予測には予測可能な期間の各年度のキャッシュフローとそれ以降の期間の価値に分け、その合計値として算出す...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  ファイナンス 
    資産(例えば、賃貸マンション、工場、債権)の金銭的価値は、それらが将来生み出すキャッシュフローの現在価値(PV)の総和となります。資産の金銭的価値を、それらが将来生み出すキャッシュフローの現在価値とし...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  ファイナンス 
    ファイナンスとは、企業がどのように資金を調達し、どのように 資金を運用していったらよいのかを考える経営学の一分野です。ファイナンスで学ぶことは「もの」の価値を評価して価格をつける技法で、ファイナンスで...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  アカウンティング 
    企業を取り巻く経営環境は日々変化しています。その中で企業を成長させていくためには、変化に柔軟に適応していくことが必要であり、経営者は日々意思決定を行わなければなりません。適切な意思決定を行なうためには...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  アカウンティング 
    B/SとP/Lは、企業の経営状況を客観的に現しています。B/SとP/Lは、企業の経営状況を客観的に現しています。しかし、これを眺めただけでは、経営の実態を見ることはできません。B/SとP/Lを基に、指...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  アカウンティング 
    発生主義、実現主義によって計算される売上や費用は、実際の現金の動きとは異なるため、利益(損失)と現金の増加額(減少額)とは一致しないのが一般的です。間接法によるキャッシュフロー計算書の作成方法のポイン...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃  アカウンティング 
    Accountingとは、直訳すると、「会計・経理」を意味します。MBAで学ぶアカウンティングを学ぶ意義は、企業の財務状況を理解し、当該企業の経営課題を浮き彫りにして、これに対する打ち手を検討すること...[記事全文]