カテゴリ「組織論」の弁護士コラム

  • サービス業 弁護士 宮崎晃 組織論 
    サービス業には様々なビジネスがあります。サービス業の中で、プロフェッショナル型サービスとは、高度な専門知識やノウハウを提供するビジネスをいいます。「人財」こそが法律事務所の競争力の源泉と言えるでしょう...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃 組織論 
    高い顧客満足度を実現するには、従業員の満足度を高めることが重要。サービス業は、従業員を満足させることで、さらに魅力的なサービスに努め、顧客満足度の向上につながります。どのようにすれば満足度を高めること...[記事全文]
  • 有価証券報告書とボイスレコーダー 弁護士 西村裕一 組織論 
    取締役会は、会社の重要な意思決定機関であり、代表取締役の監督機関でもあります。取締役会を構成する各取締役の選解任について、十分な検討が求められます。会社のガバナンス統制にご不明な点があれば、企業法務に...[記事全文]
  • 社長室 弁護士 西村裕一 組織論 
    取締役は、株式会社の業務執行権を掌握する非常に重要な機関です。したがって、どのような人を取締役に就任させるか、あるいは解任するかは会社の運営を左右することになります。会社の構成についてお困りの方は、専...[記事全文]
  • 握手 弁護士 入野田智也 組織論 
    信託はその信託を設定したときから死後に至るまで、委託者の望む期間、望むような財産の管理運用をしてもらうことのできる制度ですので、事業承継に当たっても有用だと言えるのです。企業の事業承継に詳しい弁護士が...[記事全文]
  • IT 弁護士 宮崎晃 組織論 
    企業活動におけるオペレーションとは、「業務連鎖」のことです。企業活動は、調達、生産、営業などさまざまな機能がありますが、ほとんどの業務は一つの機能で完結できるものではありません。弁護士がオペレーション...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃 組織論 
    いかに優位性を持つ企業でも、時間の経過とともに、外部環境が変化し、競合企業によって優位性を脅かされる危機的状況に立ちます。大企業、中小企業を問わず、一度の成功で、永遠に安住し続けられることはなく、常に...[記事全文]
  • 業績 弁護士 宮崎晃 組織論 
    組織において、成果をあげるためには、どうすればよいか。組織は、一定の目的をもって組織されており、そのために成果をあげていかなければなりません。成果は、戦略を正しく実行することによって生み出されます。...[記事全文]