整骨院・接骨院


整骨院・接骨院へのメッセージ

整骨院交通事故やスポーツ等で負傷した場合、もちろん病院での治療も考えられますが、病院は閉院時間が早いため、日中に仕事をしている方には通院の勝手が悪く、十分な治療ができない場合があります。他方で、整骨院・接骨院では、患者さんのニーズに合わせ、夜遅くまで開院されているため、患者さんも継続的に施術を受けることができます。

また、病院では、非常に多数の患者を抱えているがゆえに、いわば機械的・形式的な問診や治療しか受けることができなかったという声を聞くこともあります。

他方で、整骨院・接骨院では、直接体に触れて具体的な施術をしてもらえるので、医師よりも身近な存在として頼ることができたという声をよく聞きます。

このように、整骨院・接骨院は、交通事故やスポーツ等によって負傷した際の症状緩和の場として重要な役割を果たされています。

もっとも、近時の整骨院・接骨院を取り巻く環境は決して楽観視できる状況ではありません。

整骨院・接骨院の数は年々増加しており、競争は激化しています。また、交通事故分野に関して、保険会社の整骨院・接骨院への対応は日増しに厳しい対応になっています。

デイライト法律事務所では、一般の法律問題はもちろんのこと、人身障害チームとして交通事故に注力している弁護士が所属しているため、交通事故の保険会社対応についてのご相談も対応することができます。

整骨院・接骨院の先生方が、患者さんの治療に専念できるように、法律問題や保険会社への対応について全力でサポートいたします。

 

整骨院・接骨院特有の問題

1 保険会社との関係

調査のイメージ画像交通事故では、加害者(相手方)の加入する対人保険や患者さんの人身傷害保険を使用するなど、保険会社とのやりとりが発生します。また、交通事故の場合の施術については、健康保険を使用せずに、自由診療で施術されることが多いと思います。

もっとも、保険会社も治療費をできる限り、抑えるべく様々な主張をしてきます。

例えば、部位数の逓減、施術費用の減額(施術単価の減額や一部の部位の施術を認めない等)、治療の早期打ち切りといった主張がされることがあります。

このような保険会社の主張を全て受け入れていては、患者さんに適切な施術を実施することができなくなる場合もあります。

他方で、保険会社の主張を全く無視して治療を継続してしまうと、最終的に保険会社から支払を受けることができず、施術費用を回収できなくなる危険性もあります。

このように交通事故分野に関しては、保険会社への対応とそのための知識が必須となってきます。

 

2 患者さんとの関係

病院のイメージ画像患者さんとは十分にコミュニケーションをとり、トラブルが発生しないように十分に気をつけなければなりません。

もっとも、たくさんの患者さんとのかかわりの中で、ちょっとした行き違いや誤解でトラブルになることもあるかと思います。

万一、トラブルが発生した場合には、できる限り、迅速かつ円満に解決することが大切です。

 

3 広告規制問題

柔道整復師法では、患者さんに誤解を与える表現や誇大と思われる表現の広告が禁止されています(柔道整復師法24条)。

この規制に違反した場合には、行政指導が入る場合があり、指導があったにもかかわらず改善されない場合には、罰金刑が科されたり、業務停止処分がなされる可能性があります。

広告については、悪気はないものの、自院の良さをアピールするために無意識的に誇大な広告になってしまう場合があります。

したがって、整骨院・接骨院では、広告をする際には、意識的に法規制の範囲内での広告となるように取り組む必要があります。

 

整骨院・接骨院における弁護士のサポート

1 交通事故に関するご相談

①保険会社の対応サポート

保険などのイメージ画像交通事故に遭った場合、治療先として整骨院・接骨院を選ばれる方は大勢いらっしゃいます。
この場合、加害者(相手方)が加入している任意保険や患者さんの人身傷害保険等で施術費の支払いを受けることが多いため、その保険会社の担当者との折衝をする必要があります。

交通事故を取り扱われる整骨院・接骨院の先生方は、経験があると思いますが、保険会社も営利会社であるため、できる限り支出を減らすべく、支払う施術費を少なくしようと整骨院・接骨院に働きかけてきます。
例えば、治療部位数の逓減や施術費の減額、早期の治療打ち切りなどを求めてきます。

こうした保険会社の要求を全て受け入れていては、患者さんへの施術が不当に狭められ、適切な施術ができなくなります。
したがって、適切な施術をするために、時には保険会社と交渉しなければならないケースもありますし、自賠責保険を利用できるケースもでてきます。

しかし、整骨院・接骨院の先生方は、あくまで患者さんの身体を治すことが仕事であり、保険会社との交渉や交通事故の賠償問題については専門外です。
他方で、保険会社の担当者は、その分野で仕事をしているため、ある程度の知識は当然持っていますから、それに対抗するには、それなりの知識が必要となります。

保険会社との折衝にあたって、
保険会社の担当者が主張していることは法的に認められることなのか?
といった疑問を抱かれたことがある先生方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
デイライト法律事務所では、人身障害チームとして交通事故に注力している弁護士が所属しています(弊所運営の交通事故特化サイトについてはこちらをご覧ください)。したがって、先生方が保険会社の担当者との折衝の中で、疑問に抱かれていることへの回答はもちろんのこと、現状を打破するための具体的なアドバイスもすることができます。

②患者さんへの対応サポート

交通事故を取り扱われる整骨院・接骨院の先生であれば、患者さんから交通事故の賠償の話や具体的な解決までの流れについて相談をされ、困った経験がある先生もいらっしゃると思います。

デイライト法律事務所では、こういった患者さんからの質問についても弁護士が、直接患者さんのご相談に対応し、回答いたします。

③交通事故勉強会の開催

28-1デイライト法律事務所の小倉オフィスでは、自賠責保険についてなど、交通事故に関する基本的な法的問題についての勉強会を定期的に開催しています。
今後、博多オフィスにおいても定期開催する予定ですので、ご興味がある整骨院・接骨院の先生はお気軽にお問い合わせください。

 

2 契約書のチェック

整骨院や接骨院を運営していくに当たって、建物を賃借することが多いと思います。また、機器を導入する場合にロース契約を締結することも出てきます。

この場合の賃貸借契約書やリース契約書といった各種契約書について、将来の紛争予防のためにリーガルチェックを受けることが可能です。

 

3 労務問題をサポート

 整骨院のイメージ画像当事務所では、労働問題を得意とする弁護士が多数所属しております。

整骨院・接骨院においても、未払い賃金の請求、問題社員への対応、解雇問題、メンタルヘルス対策、ハラスメント対策、マイナンバー対策等の労働問題が生じることはあります。

当事務所は、交通事故の専門知識と労務問題の専門知識をもった弁護士が、整骨院・接骨院の特殊性を踏まえた労働問題の解決をサポートいたします。

当事務所の労働問題特化サイトはこちらからごらんください。

 

 

顧問料とサービス 顧問先の声 無料相談の流れ

企業の方の相談は無料で承っております


office企業法務に注力した弁護士が対応させていただきます。初回相談料無料。
まずはお気軽にお電話ください。

ご予約専用ダイヤル: 0120-786-794
(電話受付時間:平日9:00~21:00)

 

無料相談を予約する