M&A・アライアンス

M&A・アライアンスのサポートは、デイライト法律事務所の企業法務チームにおまかせください。

 

M&Aとアライアンスとは

ビジネスのイメージ画像M&Aとは(Merjers and Acquisitions)とは、合併や企業買収のことです。

合併とは、復数の企業が法的に合同して一つの企業になることであり、企業買収とは、丸ごと買い取ることです。

合併には、吸収合併(一つの存続企業が他社を吸収する)と新設合併(すべての企業が解散・消滅し、別個の会社をつくる)があります。

アライアンスとは、復数の企業が相互に何らかのメリットを得ようとして協力体制を構築することを指します。

 

M&Aとアライアンスのメリット

M&Aやアライアンスの目的は、究極的には、事業における優位性の確立です。

その狙いでもっとも大きいのは、確立している既存事業を手に入れ、一定の規模とコア・コンピタンスを一気に確保することで、「時間」を節約し、「競争優位性」を買うことです。

進出しようとしている地域や事業において、ゼロから独自に事業を展開し、ノウハウを獲得し、競合に対して競争優位を確立するのは、膨大な時間を要します。

競合のイメージ画像また、ノウハウがない領域で競合企業に勝つのは容易ではありません。

M&Aやアライアンスは、こうした障壁を乗り越えるうえで有効です。

また、ストラテジック・アライアンス(戦略的提携)は、強者が他社と組んで、強者連合をつくるという意味合いがあります。

 

M&Aとアライアンスのサポート

弁護士本村安宏M&Aとアライアンスにはそれぞれメリット・デメリットがあります。

デイライト法律事務所は、企業の実情に応じて、M&Aやアライアンスを行う際のコンサルティングを行っています。

また、これらにともなう契約書のチェックや作成、相手方企業との交渉など、顧問先企業を取り巻く総合的な法律サービスを提供しています。

 

 

     

M&Aについて詳しくはこちら

Qマーク M&A・アライアンス

Qマーク M&Aの方法、スキームについて【弁護士が解説】

Qマーク M&Aの手続の流れ【弁護士が解説】

 
企業の相談は初回無料

無料相談の流れ

オンライン相談