業種・分野に特化した弁護士が対応


デイライト法律事務所は、すべてのクライアント企業に最高品質のサービスを提供することを最重視しています。

そのために、当事務所は、すべての弁護士が「専門特化」することを第1の行動指針に掲げています。

専門特化することで、最高品質のサービスを提供できる理由は、以下の3点があげられます。

高度な知識と豊富な経験を有する

弁護士バッジのイメージ画像企業が抱える様々なトラブルやニーズに的確に対応するためには、その前提として、高度な知識と豊富な経験が必要です。

この高度な知識と豊富な経験は、「幅広く何でも対応する」というスタンスでは決して身につきません。

それは、いくら弁護士と言えでも、処理能力に限界があるからです。

例えば、1人の弁護士の処理可能な事件数が100件であるとします。

他方、一口に、企業法務といっても、様々な業種やトラブルがあります。

業種としては、IT事業、医業・介護事業、建設業、製造業、物流、不動産業、小売業、サービス業、金融業、教育関連事業等があります。

トラブルやニーズとしては、労働問題、債権回収、クレーム対応、海外進出、IPO支援、事業承継、税務対策、景表法、コンプライアンス等様々です。

このような多岐にわたる業種や分野に対して、「幅広く何でも対応する」というスタンスでは、1年間に処理できる件数は、1業種、1分野あたり、せいぜい数件あるかないかとなります。

これでは弁護士を何年経験しても、専門知識は身につきません。

当事務所は、弁護士の注力業種、分野を1〜2程度に限定し、対応するようにしています。

これにより、当該業種や分野について、圧倒的な知識と経験を身につけ、クライアント企業に対して、最高の結果をもたらすことを目指しています。

対応する弁護士のモチベーションが高い

企業法務チーム画像当事務所の弁護士は、それぞれ注力する業種や分野を絞っていますが、これはすべて、当該弁護士自身が希望して特化したものです。

人はだれでも、業務に取り組む際、興味や感心があるほど、モチベーションが高くなります。

高いモチベーションは、集中力を増加させるため、それだけ早く、かつ、効果的に案件を解決することが可能です。

コストが低い

弁護士のイメージ画像弁護士は自分が得意とする案件については、不得意とする案件と比べて、通常、労力や負担が小さくなります。

そのため、弁護士報酬についても低額化する傾向が見られます。

以上から、当事務所は、弁護士の専門特化によって、クライアント企業に最高の結果をもたらし、かつ、満足していただけるものと確信しています。