弁護士コラム

取締役について

組織論

取締役の選任

セミナールーム取締役の選任は、株主総会決議によって行います。

この決議は、普通決議とされています。すなわち、議決権を行使することのできる株主の過半数以上の株主が出席し、出席した株主の議決権の過半数が賛同すれば選任されます。

 

取締役の欠格事由

会社法は取締役になれない者について以下のとおり定めています(会社法331条)。

・法人
・成年被後見人若しくは被保佐人
・会社法、一般法人法、金融商品取引法及び破産法等の倒産法制度の犯罪を犯し、刑に処せられ、その執行を終わり、又はその執行を受けることがなくなった日から2年を経過しない者
・上記以外の犯罪により禁固以上の刑に処せられ、その執行を終えるまで又はその執行を受けることがなくなるまで(執行猶予中を除く)

取締役は株式会社の意思決定を行う機関である以上、法人は取締役になれないこととされています。また、意思能力に制限がある成年被後見人や被保佐人も取締役にはなれません。

以前は、破産者も欠格事由とされていましたが、現在の会社法では欠格事由となっておらず、破産者でも取締役に就任することは可能です。

他方で、会社法関連での犯罪を犯した者は、刑の執行後2年間は取締役に就任することができないことになっています。

 

取締役の人数

社長室取締役会設置会社の場合は、取締役は3人以上である必要があります(会社法331条4項)。しかしながら、取締役会を設置しない会社の場合は、取締役は1人でもよいとされています。

取締役の人数については、定款で最低限、最高限の人数を定めておくことができます。

 

取締役の任期

取締役の任期については、公開会社かどうかで違いがあります。

すなわち、公開会社の場合、取締役の任期は2年間です(会社法332条1項)。この期間は定款又は株主総会決議で短縮することができますが、2年間以上に伸長することはできません。

他方で、非公開会社の場合には、定款で10年間まで任期を伸ばすことができます。実際に非公開会社の多くで取締役の任期を10年間に設定しているのが現状です。

 

取締役の解任

取締役と会社の関係は雇用ではなく、委任関係です(会社法330条)。したがって、取締役は、任期中いつでも株主総会決議により解任されることがあり得ます。

この場合の株主総会決議も選任の場合と同じく普通決議で足ります(会社法341条)。ただし、定款で過半数以上の割合を要求するよう定めることは可能です。

解任された取締役は、正当な理由がある場合を除いて、解任によって生じた損害の賠償を会社に請求することができることになっています(会社法339条2項)。具体的には、任期満了までの役員報酬を請求することが考えられます。

ビジネスマンのイメージ写真取締役は、株式会社の業務執行権を掌握する非常に重要な機関です。したがって、どのような人を取締役に就任させるか、あるいは解任するかは会社の運営を左右することになります。

会社の構成についてお困りの方は、専門の弁護士にご相談ください。

 

 


カテゴリ「組織論」の弁護士コラム

  • サービス業 弁護士 宮崎晃 組織論 
    サービス業には様々なビジネスがあります。サービス業の中で、プロフェッショナル型サービスとは、高度な専門知識やノウハウを提供するビジネスをいいます。「人財」こそが法律事務所の競争力の源泉と言えるでしょう...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃 組織論 
    高い顧客満足度を実現するには、従業員の満足度を高めることが重要。サービス業は、従業員を満足させることで、さらに魅力的なサービスに努め、顧客満足度の向上につながります。どのようにすれば満足度を高めること...[記事全文]
  • 有価証券報告書とボイスレコーダー 弁護士 西村裕一 組織論 
    取締役会は、会社の重要な意思決定機関であり、代表取締役の監督機関でもあります。取締役会を構成する各取締役の選解任について、十分な検討が求められます。会社のガバナンス統制にご不明な点があれば、企業法務に...[記事全文]
  • 社長室 弁護士 西村裕一 組織論 
    取締役は、株式会社の業務執行権を掌握する非常に重要な機関です。したがって、どのような人を取締役に就任させるか、あるいは解任するかは会社の運営を左右することになります。会社の構成についてお困りの方は、専...[記事全文]
  • 握手 弁護士 入野田智也 組織論 
    信託はその信託を設定したときから死後に至るまで、委託者の望む期間、望むような財産の管理運用をしてもらうことのできる制度ですので、事業承継に当たっても有用だと言えるのです。企業の事業承継に詳しい弁護士が...[記事全文]
  • IT 弁護士 宮崎晃 組織論 
    企業活動におけるオペレーションとは、「業務連鎖」のことです。企業活動は、調達、生産、営業などさまざまな機能がありますが、ほとんどの業務は一つの機能で完結できるものではありません。弁護士がオペレーション...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃 組織論 
    いかに優位性を持つ企業でも、時間の経過とともに、外部環境が変化し、競合企業によって優位性を脅かされる危機的状況に立ちます。大企業、中小企業を問わず、一度の成功で、永遠に安住し続けられることはなく、常に...[記事全文]
  • 業績 弁護士 宮崎晃 組織論 
    組織において、成果をあげるためには、どうすればよいか。組織は、一定の目的をもって組織されており、そのために成果をあげていかなければなりません。成果は、戦略を正しく実行することによって生み出されます。...[記事全文]
問い合わせ
相談の流れ