弁護士 阿部尚平

「誰よりもクライアントに寄り添い、
すべてのクライアントを幸福へと導く」
弁護士
阿部 尚平 / Syohei Abe
阿部 尚平


 

問題解決へのスタンス

私は企業法務の中で最も重要なのは紛争の予防であると考えています。

企業が紛争に巻き込まれてしまうと、担当者や代表者の方がその対応に時間を取られてしまいます。それは従業員や代表者の方の、限りある時間という資源を有効活用できないことを意味し、それだけでも企業にとっては大きな損失であると考えているからです。

契約書のチェックや相談を通じて、紛争を未然に防ぐ可能性を高めることで、企業の生産性を上げることに少しでも協力したいと考えています。

しかし、十分な紛争予防を行なっていたとしても、時には紛争が顕在化してしまうこともあるでしょう。
そのような場合には、顧問弁護士として、最優先で対応をさせていただき、企業の皆様が通常の業務に集中できるように心掛けます。
また、紛争の解決に時間がかかると、どこかで引っかかりを感じて業務に集中できないこともあるかと思いますので、迅速に対応することで可能な限り早期の問題解決を目指します。

また、私は、特に不動産業の分野に注力していこうと考えています。
幅広く不動産が関係する紛争に対応できるよう、研鑽を積んでおります。

注力分野

●企業分野
企業防衛

経歴

●福岡県立修猷館高等学校 卒業
●京都大学法学部 卒業
●京都大学法科大学院 修了
●最高裁判所司法研修所 修了
●弁護士法人デイライト法律事務所 福岡オフィス 入所

 

所属

●福岡県弁護士会

出身

私は、福岡で生まれ、その後高校時代までを福岡市で過ごしました。大学進学のために京都に行くと決めたときから、一度県外に出て力を付けたら、必ず福岡に戻ってこようと考えていました。