想定以上のバグにユーザが「報酬を支払わない」と言ってきてます。どうしたらいい?


以前注文があったソフトをユーザーに納入したのですが、テストの際にバグが発見されました。

残業当該ソフトを開発した当社としては、ユーザーからの指摘には随時対応していたのですが、想定以上にバグが見つかったことを受け、「報酬は支払わないし、契約も解除する」と言ってきています。

報酬は受けられないのでしょうか。

 

 

この質問について弁護士がお答えします。

「瑕疵」とは

ご相談のケースを考える前に、まず「瑕疵」について解説します。

「瑕疵」とは、一般的に、「契約で予定されていた品質・性能を欠くこと」と定義されています。

システム開発においては、「システムが、合意した仕様や性能を有していないこと」であり、端的には、完成したシステムと仕様の不一致と捉えられます。

 

瑕疵がある場合の法的責任

六法全書改正民法が適用される場合についてはこちらをご参照ください。

現行法では、瑕疵が軽微な場合は、ユーザーは修補請求権または損害賠償請求権を有します。

一方、瑕疵が重大な場合(=契約の目的を達成できないとき)は解除権を有します。

基本的にプログラムは人の手で組まれるものであるため、一定割合で不具合が生じることは不可避であると考えられています。

そのため、裁判所としては、通常のシステムにはあってはならない不具合かどうかを基準に瑕疵の有無を判断します。

また、操作性や使い勝手といった、いわゆる非機能要件といわれる部分の問題については、各人の完成により異なる部分があるため、「システムの一般的利用者を基準として、使用に耐えられないほど不親切である」か、といった視点から判断されます。

 

瑕疵担保責任を負わないための対策

ユーザーから不具合の発生について指摘された場合、ベンダーとしては、遅滞なく修補をすること、またはユーザーと協議の上相当と認める代替措置をとることにより、瑕疵担保責任を免れることができる可能性があります。

もっとも、ユーザーの指摘に遅滞なく応じなかった場合はもちろん、修補に多大な時間を要するような場合は、当該不具合は「瑕疵」と評価され、責任を免れないため注意が必要です。

時間と記録その他、ユーザーによる指図によって予定していたシステムが大幅に変更したにもかかわらず、不具合を指摘されたような場合は、もはやベンダーの責任ではありません(これは民法改正の影響を受けません。)。

そのため、ベンダーとしては、ユーザーからの指示のメール、会議の議事録等を記録するなどして、ユーザーからの指示であることを立証できるよう準備しておくことが有用です。

 

ご相談のケース

以上から、ご相談のケースでは、ベンダー側として修補を行うなど適切な対応をしたとしても、あまりに多すぎる不具合が発見された場合は瑕疵と評価されるため、報酬の支払いを拒絶されてもやむを得ない可能性があります。

ただし、不具合の部分とは区別できる部分もあり、その限りでユーザーも利益を得ている場合は、報酬の一部を請求できる余地は残ります。

一方、ユーザーの指示によりシステム自体が当初の予定から大幅に変更しているような場合は、なお報酬の全額を請求できる可能性があります。

 

弁護士にご相談ください

弁護士バッジ当事務所では、IT企業に特化した弁護士が対応しております。まずはお気軽に当事務所の弁護士までご相談ください。

 

 

 

IT事業についてよくある相談Q&A

Qマーク IT事業において、偽装請負はどのようなときに違法となりますか?

Qマーク ソフトウェア開発委託契約とは、どのような性質のものなのですか?

Qマーク 保守契約とは、どのような契約ですか?

Qマーク ユーザが開発に協力してくれません。契約解除すると言い出した場合報酬は受け取れる?

Qマーク 不適合責任とは、どういったものですか?瑕疵担保責任とは違いがあるのですか?

Qマーク 契約解消を考えていますが、開発自体頓挫し、仕事の完成に至っていません。民法改正の影響はありますか?

Qマーク システム開発を開始し、要件定義の支援を行っています。今後、民法改正で留意する点はありますか?

Qマーク 民法改正で、定型約款の規定ができると聞きました。システム開発契約に、何かしらの影響はありますか?

Qマーク IT導入による人員削減ができなかった場合、賠償請求できる?

Qマーク 下請業者への報酬分をユーザーから回収したい

Qマーク 想定以上のバグにユーザが「報酬を支払わない」と言ってきてます。どうしたらいい?
 

IT事業関連のコラム

 旭川医大にのみ約14億円の賠償責任ー電子カルテシステム納入遅延訴訟

 民事裁判手続きのIT化推進へ