下請業者への報酬分をユーザーから回収したい


当社で現在開発していたシステムがあるのですが、ユーザーからの度重なる仕様変更があったので、やむなくプロジェクトを中止することとなりました。

困る男性しかし、ユーザーはこちらに落ち度があるとして報酬を支払ってくれません。加えて、開発の一部を任せていた下請業者からも報酬の請求をされています。

下請業者には早々に報酬を支払おうと考えているのですが、その分もユーザーに請求できるのですよね?

 

 

この質問について、弁護士がお答えします。

請求の法的根拠

握手ベンダーとユーザーは、システム開発を進めるにあたり、互いに協力義務を負います。

ユーザーの度を過ぎた仕様変更によりプロジェクトが頓挫した場合は、ユーザーの協力義務違反として損害賠償を請求することが考えられます。

協力義務については、こちらをご参照ください。

 

下請業者との関係

お金まず、元請けと下請けとの間には下請法が適用されるため、下請業者に落ち度がなければ、下請業者に報酬を支払わなければなりません。

したがって、ユーザーが報酬を支払わないことを理由にして下請業者への報酬をストップさせることはできません。

 

ユーザーとの関係

下請業者に支払うべき報酬は、ユーザーから回収した報酬を原資にするのが通常だと思います。したがって、下請業者への報酬相当額は、ベンダーの損害の範囲といえるので、ユーザーに対して請求できるものと考えられます。

では、ベンダーが下請業者と揉めてしまったために、和解をした場合はどうでしょうか。

つまり、和解はベンダー(元請会社)と下請会社との合意にすぎず、ユーザーはそれに合意していないのであるから、下請業者へ支払われた額は損害の範囲ではないという反論は成り立つのかが問題です。

契約書元請会社は、前述のように、法律違反にならないよう下請業者に報酬を支払わなければならない立場にある以上、たとえ和解契約についてユーザーが関与していないとしても、合理的な金額であれば、損害の範囲内として損害賠償請求が認められると考えられます。

もっとも、和解金の額が合理的であるかを事後的に検討できるよう、和解契約書に明細書を添付する等して算定の根拠を明確化するといった工夫をしておくべきです。

 

お悩みの方は当事務所まで

ロゴ当事務所では、IT事業に特化した弁護士が対応しております。まずはお気軽に当事務所の弁護士までご相談ください。

 

 

 

IT事業についてよくある相談Q&A

Qマーク IT事業において、偽装請負はどのようなときに違法となりますか?

Qマーク ソフトウェア開発委託契約とは、どのような性質のものなのですか?

Qマーク 保守契約とは、どのような契約ですか?

Qマーク ユーザが開発に協力してくれません。契約解除すると言い出した場合報酬は受け取れる?

Qマーク 不適合責任とは、どういったものですか?瑕疵担保責任とは違いがあるのですか?

Qマーク 契約解消を考えていますが、開発自体頓挫し、仕事の完成に至っていません。民法改正の影響はありますか?

Qマーク システム開発を開始し、要件定義の支援を行っています。今後、民法改正で留意する点はありますか?

Qマーク 民法改正で、定型約款の規定ができると聞きました。システム開発契約に、何かしらの影響はありますか?

Qマーク IT導入による人員削減ができなかった場合、賠償請求できる?

Qマーク 下請業者への報酬分をユーザーから回収したい

Qマーク 想定以上のバグにユーザが「報酬を支払わない」と言ってきてます。どうしたらいい?
 

IT事業関連のコラム

 旭川医大にのみ約14億円の賠償責任ー電子カルテシステム納入遅延訴訟

 民事裁判手続きのIT化推進へ