弁護士 中村啓乃

「クライアントの未来を照らす」
弁護士
中村 啓乃 / Hirono Nakamura

中村 啓乃


企業法務へのスタンス

企業に関わる法律問題は契約の締結や株主総会対応などにとどまらず多岐にわたり、これらを対応するには専門的な知識が必要です。

何らかのトラブルが生じた場合、当初のトラブルを拡大させないという観点から、迅速に適切な対応をすることが何よりも重要になってきます。

適切な対応をしたいと考えていても、通常の業務に加えてトラブルへの対応をすることは過度な負担となり、問題の解決よりも先に経営者の方や従業員の方々の方が疲弊してしまうということは少なくありません。

また、何が適切な対応か、ということは渦中にいると見えにくいこともあると思います。

このような企業の方々の悩みに対して、弁護士としては、トラブルを未然に防ぐためや、起きてしまった問題にできるだけ早くそして適切な対応をするための提言をすることが可能だと思っております。

依頼者の方の抱える問題の解決のため、ひとつひとつの問題に真摯に向き合って迅速な解決をしていけるよう、誠心誠意取り組んでまいります。

 

注力分野

●企業分野 独占禁止法等
●個人分野 離婚問題

 

経歴

●福岡県私立明治学園高等学校 卒業
●中央大学法学部法律学科 卒業
●中央大学法科大学院法務研究科 修了
●最高裁判所司法研修所 修了
●弁護士法人デイライト法律事務所 入所

 





 
 
問い合わせ
相談の流れ