度重なる追加作業の費用を請求したい場合、どうすればよいですか?


残業受注したプログラム作成の過程で、取引先から何度も追加作業や修正を求められています。

弊社としては、クライアントに満足していただきたいため、できる限りの対応をしようと考えてはいますが、人件費をかけているわけなので、きちんと費用を請求できるようにしておきたいです。

どうすればよいでしょうか。

 

 

この問題について、弁護士がお答えします。

ビルや家の建築と異なり、IT分野の完成品はできてみなければどのようなものかわかりません。Webデザインなどは、発注者の主観と受注者の主観がぶつかることもありますので、イメージのすり合わせがどうしても後手になりやすいものです。

後で紛争が生じないようにするために、やはり重要なのは契約書の作成ですが、以下では契約書の中で何を定めるのか、具体的に説明していきます。

まずは契約の基本をしっかり押さえる

社印契約の基本は、①どのようなサービスを提供するのか、②そのサービスに対して、いくらの対価を得るのか、という点を押さえるのが最低限です。

この2点を押さえておかないと、どこまでやらないといけないのかが互いにわかりません。

①の、どのようなサービスを提供するのかについては、なるべく具体的に列挙しておくことが重要です。

 

契約書を作成する段階で決められなかったこと

契約書を作成する当初の段階では、どのような内容のサービスをどの程度提供するのか、話が煮詰まらないこともしばしばと思います。

このような状態でプロジェクトを開始した場合、発注者としては「契約書には書いていないが、普通に考えたらやってもらうのが当然」と考える人もいるでしょう。

一方で、受注者としては、「これは契約書に書いていないのだから、契約の範囲外だ。その作業を要求するのであれば、追加費用を払ってもらわなければ困る」と考える人もいるでしょう。

こうなってしまうと、プロジェクトの途中でもめてしまうことは目に見えています。

このような紛争が起きないようにするためには、決まらなかったことを何となくで放っておくのではなく、契約書作成の段階で決まらなかったことも契約書に書くことをお勧めします。

決まらなかったことを明記しておけば、受注者としてどこまでのことをすればよいかも明確ですし、発注者側としても、これ以上のことをしてもらうにはきちんと契約をしなければならない、と認識することができます。

具体的には、
「●●条で定めた業務内容以外の作業及びその対価については、今後の協議にて定める。また、その協議次第では、●●条で定めた業務について代金や納期が変更になる場合があることを相互に確認する。」ですとか、
「●●条で定めた業務内容以外の作業である▲▲については、今後の協議にて定める。」など決まっていないこと自体を具体的に記載しておくことも効果的です。

 

変更が生じる場合は、必ず形が残るようにしておく

仕様の変更や修正は常に起こり得るものと考えるべきです。これに迅速に対応することは大切ですが、急ぎのときはどうしても口頭だけでのやりとりになってしまったり、変更や修正が担当者レベルの独断で伝えられてしまうこともあります。

そのため、メールや議事録など、客観的に形が残るようにしておくことが重要です。

仮に口頭でのやりとりをするのであれば、契約書作成の段階で、
「仕様の変更につき急を要する場合は、口頭での対応も行うこととし、事後的に変更内容につき相手方に対し書面を送付する」
としておけば、事後的に書面送付を相手に義務付けることも可能です。

また、口頭でのやりとりも可能にすることで、「書面を送っていないのだから仕様変更を求めてはいない以上追加費用も払わない」という反論をできるだけ防ぐこともできます。

 

 

 

IT事業についてよくある相談Q&A

Qマーク IT事業において、偽装請負はどのようなときに違法となりますか?

Qマーク ソフトウェア開発委託契約とは、どのような性質のものなのですか?

Qマーク 保守契約とは、どのような契約ですか?

Qマーク ユーザが開発に協力してくれません。契約解除すると言い出した場合報酬は受け取れる?

Qマーク 不適合責任とは、どういったものですか?瑕疵担保責任とは違いがあるのですか?

Qマーク 契約解消を考えていますが、開発自体頓挫し、仕事の完成に至っていません。民法改正の影響はありますか?

Qマーク システム開発を開始し、要件定義の支援を行っています。今後、民法改正で留意する点はありますか?

Qマーク 民法改正で、定型約款の規定ができると聞きました。システム開発契約に、何かしらの影響はありますか?

Qマーク IT導入による人員削減ができなかった場合、賠償請求できる?

Qマーク 下請業者への報酬分をユーザーから回収したい

Qマーク 想定以上のバグにユーザが「報酬を支払わない」と言ってきてます。どうしたらいい?

Qマーク ありふれた写真であれば、勝手に使ってもいい?

Qマーク ウェブ上での画像の利用と著作権法

Qマーク フリー素材は自由に使えるとは限らない?

Qマーク 記事を自社内で印刷、配布することに問題はある?

Qマーク 宣伝に使いたい写真に有名キャラクターが写り込み。問題あり?

Qマーク 著作権の全部を譲渡するってどういう意味?

Qマーク 外部委託までして、契約がなくなった場合も請求できますか?

Qマーク 度重なる追加作業の費用を請求したい場合、どうすればよいですか?

Qマーク 突然「他の企業にお願いした」と言われてしまった場合、どうしたらいいですか?

Qマーク 予定外の対応を迫られた場合の対応方法を教えて下さい。

Qマーク クライアントが検査をしてくれない場合の対応を教えて下さい。
 

IT事業関連のコラム

 旭川医大にのみ約14億円の賠償責任ー電子カルテシステム納入遅延訴訟

 民事裁判手続きのIT化推進へ