弁護士コラム

企業のグローバル戦略

経営戦略

ビジネスのイメージ画像将来、日本市場は縮小していくことが予想されます。

その要因として大きいのは、人口の減少です。総務省が公表しているデータによると、日本の人口は、2030年の1億1,662万人を経て、2048年には1億人を割って9,913万人となり、2060年には8,674万人になるものと見込まれています。

このような日本市場の行末を考えると、優良成長企業が市場を海外に求めてグローバル化していくことは、選択肢の一つして、検討すべきといえるでしょう。

そこで、ここでは、企業のグローバル戦略について、解説します。

グローバル化の必要性

経営者が留意すべきは、上記のような、日本の人口減といったマクロ的な方向性や一般論だけで海外展開を決めてはいけないということです。

企業が優位性を構築していくためには、個別具体的に、業界の特性や競合の状況等を分析し、戦略を選択・実行していかなければなりません。

グローバル化については、業界特性を押さえる必要があります。

例えば、顧客ニーズと、製品を開発・製造・販売する供給の経済性の両方において、地域特性が強く、地域ごとにさまざまな競争のやり方が存在するような事業では、グローバル化の重要性は小さいといえます。
一般には飲食業界、建築業などがこれに該当します。
ビジネス他方、全世界が一つの市場となるような場合(顧客ニーズと供給の経済性が全世界均一となる)には、世界的な開発規模、生産規模、販売規模が競争力の源泉となるため、グローバル化は成功の要因となります。
これには石油業界、製薬業界などが該当します。

多くの事業は、これらの中間に位置しています。

例えば、金融関連事業は、世界的な規模が競争上重要な意味を持ちますが、規制等による参入障壁が高く、グローバル化することの意義はそれほど大きくありません。

このように、グローバル化を検討する上では、まずグローバルありきではなく、グローバル化する意義があるか否かを検討すべきです。

その上で、進出しようとしている「市場の魅力度」と当該市場における「優位性構築の可能性」、事業目的との整合性等を分析し、進出の適否を判断しましょう。

市場の魅力度を分析するためのフレームワークはこちらをごらんください。

優位性構築の可能性を分析するためのフレームワークはこちらをごらんください。

 

また、グローバル化によって、どのコストがどの程度の影響を受けるのかについても、具体的に検討する必要があります。
次に、企業のグローバル化の方法として、多用される手法として、M&A、アライアンスという手法があります。

M&A、アライアンスについてはこちらをごらんください。

 

 


カテゴリ「経営戦略」の弁護士コラム

  • 競合 弁護士 西村裕一 経営戦略 
    一度成功した企業が衰退していくという話は意外に多く耳にします。当事務所では小売業の企業の皆様をサポートする弁護士としては、単純に売上高だけを見るのではなく、既存店舗の売上高成長率といった指標も踏まえて...[記事全文]
  • IT企業 弁護士 西村裕一 経営戦略 
    小売業界で起こりうる法律問題として、人事をはじめとする労務問題、サービスに関する景品表示の問題などが生じます。 また契約交渉や会社の組織構造もしっかりと検討する必要があります。こうした問題について、...[記事全文]
  • ビジネスマン 弁護士 宮崎晃 経営戦略 
    企業の経営資源は、ヒト、モノ、カネと言われます。 どれも、経営を行う上で、不可欠の資源ですが、モノ、カネは経営のツールであり、それを使いこなすヒトは競争力の源泉といえます。弁護士がマネジメントチームに...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃 経営戦略 
    近年、企業戦略において、M&Aやアライアンスの持つ重要性が高まっています。特に、他国への進出、多角化の局面において多用される傾向にあります。M&Aとはとは、合併や企業買収。合併とは、復数の企業が法的に...[記事全文]
  • グローバル 弁護士 宮崎晃 経営戦略 
    企業が新規事業や海外進出などの多角化を計る上で、「市場の魅力度」と「優位性構築の可能性」は、押さえてくべき重要な判断要素です。ここでは、「優位性構築の可能性」の具体的な分析方法について、ご紹介します。...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃 経営戦略 
    将来、日本市場は縮小していくことが予想されます。要因として大きいのは、人口の減少で、日本市場の行末を考えると、優良成長企業が市場を海外に求めグローバル化していくことは、選択肢の一つして、検討すべきでし...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃 経営戦略 
    企業が新規事業や海外進出などの多角化を計る上で、「市場の魅力度」と「優位性構築の可能性」は、押さえておくべき重要な判断要素です。具体的な分析方法について、ご紹介します。市場の魅力度とは、簡単にいえば、...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃 経営戦略 
    経営戦略を策定するためには、外部分析による市場機会と脅威の発見と、内部分析による自社の強みと弱みの発見が重要です。ここでは、内部分析のためのフレームワークについて解説します。なお、外部分析についてはこ...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃 経営戦略 
    経営戦略を策定するためには、外部分析による市場機会と脅威の発見と、内部分析による自社の強みと弱みの発見が重要です。ここでは、具体的な外部分析のためのフレームワークについて解説します。外部分析はいくつか...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃 経営戦略 
    戦略とは、“事業の目的を達成するために、持続的な競争優位性を確立すべく構造化された施策の集合”である。これは、戦略の意義を教科書的に説明したものです。他方、戦略について、戦略とは“捨てること”戦略とは...[記事全文]
問い合わせ
相談の流れ