弁護士コラム

戦略不在の企業に明日はない

経営戦略

顧問弁護士として、日常、多くの企業の方と接していますが、やはり、経営戦略を明確に打ち出している企業と、そうではない企業とでは、前者の方が成長スピードが格段に早いと感じます。

ここでは、「戦略」の意義、その策定方法について、ご紹介します。

 

戦略の定義

戦略とは、“事業の目的を達成するために、持続的な競争優位性を確立すべく構造化された施策の集合”である。

これは、戦略の意義を教科書的に説明したものです。

確かに、そのとおりではありますが、模範解答すぎて、逆にピンとこないのではないでしょうか。

他方、戦略について、次のような説明があります。

ビジネスの教科書のイメージ画像戦略とは“捨てること”
戦略とは“違いをつくること”

これは戦略の本質をついており、教科書的な説明よりはしっくりときます。

しかし、戦略をそれだけで説明できるかというと、そうとはいえない気がします。

戦略とは“アートだ”
しかし、もし、戦略がアートだとすると、戦略を立てるには特殊な才能が必要となり、通常の人間は努力しても意味が無いことになります。

このように、戦略には様々な定義があります。
決して、どれか一つが正しいというわけではありません。ビジネスパーソンは、自らが「これだ!」と思う戦略を定義づければよいと考えます。

大切なことは、企業は、自らが定義付けした戦略について、それを「明確に打ち出すべきである」ということです。企業が保有する経営資源には限りがあり、選択と集中について考えなければなりません。
戦略を策定することにより、何を行い何を行わないか、どのような強みを磨いていくのかが明らかとなります。また、企業の方向性を示すことで、ステークホルダーの共感を得たり、従業員の能力を十分に引き出すことが可能となります。

 

戦略策定プロセス

優れた戦略とはどのようなものでしょうか。

優れた戦略の要件としては、教科書的には次のようなものがあげられます。
・ 環境変化や競合の動きに対して、自社に最も有利となり、かつ競争優位を持続できる道筋であること
・ 単発の対応ではなく、仕組みとして機能すること
・ 実行可能な施策であること

優れた戦略を策定するためのプロセスは、次のように考えられています。

① 経営理念

企業の存在意義や使命を普遍的な形で表した基本価値をいいます。

② ビジョン

経営理念に基づき、ある時点までに「こうなっていたい」と考える到達点を指します。企業が目指す中期的なイメージを従業員等に向けて示したものです。

③ 環境分析

自社を取り巻く内外の環境を分析します。
外部分析:自社が直接コントロール出来ない社外環境であり、市場における機会や脅威を分析します。
内部分析:自社がコントロール可能なものであり、自社の強み、弱みを分析します。

外部分析の方法はこちらをごらんください。
内部分析の方法はこちらをごらんください。

④ 成功要因(KSF:Key Successes Factor)の抽出

環境分析の結果を踏まえて、当該事業を成功させるための要件を抽出します。

⑤ 戦略オプションの立案

KSFを実現するために何をすべきかの戦略オプションを何通りか考え出します。

⑥ 戦略の選択

戦略オプションから、経営資源、難易度等を踏まえて実行すべき戦略を絞り込みます。

⑦ 戦略の実行

戦略を実行します。

⑧ 戦略のレビュー

戦略はあくまで仮説であり、それが期待された効果を上げたかを確認します。効果を挙げなかったときはその原因を解明し、改善していきます。

 

 

 


カテゴリ「経営戦略」の弁護士コラム

  • 競合 弁護士 西村裕一 経営戦略 
    一度成功した企業が衰退していくという話は意外に多く耳にします。当事務所では小売業の企業の皆様をサポートする弁護士としては、単純に売上高だけを見るのではなく、既存店舗の売上高成長率といった指標も踏まえて...[記事全文]
  • IT企業 弁護士 西村裕一 経営戦略 
    小売業界で起こりうる法律問題として、人事をはじめとする労務問題、サービスに関する景品表示の問題などが生じます。 また契約交渉や会社の組織構造もしっかりと検討する必要があります。こうした問題について、...[記事全文]
  • ビジネスマン 弁護士 宮崎晃 経営戦略 
    企業の経営資源は、ヒト、モノ、カネと言われます。 どれも、経営を行う上で、不可欠の資源ですが、モノ、カネは経営のツールであり、それを使いこなすヒトは競争力の源泉といえます。弁護士がマネジメントチームに...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃 経営戦略 
    近年、企業戦略において、M&Aやアライアンスの持つ重要性が高まっています。特に、他国への進出、多角化の局面において多用される傾向にあります。M&Aとはとは、合併や企業買収。合併とは、復数の企業が法的に...[記事全文]
  • グローバル 弁護士 宮崎晃 経営戦略 
    企業が新規事業や海外進出などの多角化を計る上で、「市場の魅力度」と「優位性構築の可能性」は、押さえてくべき重要な判断要素です。ここでは、「優位性構築の可能性」の具体的な分析方法について、ご紹介します。...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃 経営戦略 
    将来、日本市場は縮小していくことが予想されます。要因として大きいのは、人口の減少で、日本市場の行末を考えると、優良成長企業が市場を海外に求めグローバル化していくことは、選択肢の一つして、検討すべきでし...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃 経営戦略 
    企業が新規事業や海外進出などの多角化を計る上で、「市場の魅力度」と「優位性構築の可能性」は、押さえておくべき重要な判断要素です。具体的な分析方法について、ご紹介します。市場の魅力度とは、簡単にいえば、...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃 経営戦略 
    経営戦略を策定するためには、外部分析による市場機会と脅威の発見と、内部分析による自社の強みと弱みの発見が重要です。ここでは、内部分析のためのフレームワークについて解説します。なお、外部分析についてはこ...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃 経営戦略 
    経営戦略を策定するためには、外部分析による市場機会と脅威の発見と、内部分析による自社の強みと弱みの発見が重要です。ここでは、具体的な外部分析のためのフレームワークについて解説します。外部分析はいくつか...[記事全文]
  • 弁護士 宮崎晃 経営戦略 
    戦略とは、“事業の目的を達成するために、持続的な競争優位性を確立すべく構造化された施策の集合”である。これは、戦略の意義を教科書的に説明したものです。他方、戦略について、戦略とは“捨てること”戦略とは...[記事全文]
問い合わせ
相談の流れ